「だーやまんBLOG」で検索!

ダイエット中に焼肉が食べたい!太りづらい食べ方とオススメの部位!

ダイエット中の男性

ダイエット中なんだけど、焼肉食べたいな!やっぱりダイエットしてるなら焼肉みたいなハイカロリーなものは避けた方がいいよね。でもやっぱり食べたい。太らない食べ方とかないの❓誰か教えてくださーい!

だーやまん

はい、ダイエット中でも焼肉を食べていた、だーやまんがお答えします!

ダイエット中の食事って、野菜中心の低カロリーじゃなければいけないと思っていませんか❓

確かに野菜や低カロリーな食事は大事です!

しかし、焼肉のようなハイカロリーな食事を一切食べてはいけないなんてことはありません。

本記事では以下についてご紹介いたします。

contents

ダイエット中でも焼肉は食べてもいい!

いきなり本記事の結論ですが、ダイエット中でも焼肉は食べてもいいです。

焼肉を食べてはいけない理由なんてありません。

もちろん食べすぎると太ってしまいますが・・・

脂肪1kg=7200kcalと言われています。

そして人間には生活しているだけで消費される基礎代謝があります。

基礎代謝>摂取カロリー

理論上、上記のように基礎代謝が摂取カロリーを上回る状態であれば太ることはありません。

焼肉は確かにハイカロリーですが、自分の身体の基礎代謝と摂取カロリーを把握することができていて、しっかり管理できているのであればダイエット中でも焼肉は食べても良いのです。

焼肉のカロリー

ここで気になるのが焼肉のカロリーですよね。

代表的な部位別のカロリーをまとめておきます。

部位別100gあたりのカロリー
  • カルビ 約480kcal
  • ロース 約400kcal
  • ハラミ 約350kcal
  • タン  約360kcal
  • 小腸  約280kcal

基本的に脂身の多い部位はカロリーが高くなっているのがわかりますね。

男性の平均摂取量は400g〜500g

女性の平均摂取量は300g〜400g

とされています。

100gあたりのカロリーが高いカルビだけを食べてしまうと摂取カロリーは非常に高くなってしまいますね。

カロリーの高い部位、低い部位をしっかり理解して食べれば焼肉を食べるのも怖くありませんね。

焼肉を食べても太りづらい食べ方

ダイエット中の焼肉では食べ方も気をつけることで、太りづらくすることができます。

やはり焼肉屋といえど、お肉しかない焼肉屋なんてありませんよね。

そこで焼肉屋で用意されているその他のメニューを上手に使って太りづらい食べ方をするようにしましょう。

まずはスープ、野菜、キムチから食べる

焼肉屋でいきなり肉から食べるのではなく、スープや野菜、キムチから食べましょう。

スープなどの汁物を最初に摂取することで、程よい満腹感を得ることができ、自然と食べすぎを防いでくれます。

また野菜やキムチを食べることで、食物繊維を摂取することができ、腸内の働きをコントロールしてくれます。

特に水溶性食物繊維は体外へ脂肪の排出を促してくれたり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果がありますよ。

お肉を早く食べたい気持ちもわかりますが、そこはグッと堪えて、食べる順番に気をつけてください。

レモン汁を積極的に活用する

焼肉屋には必ずレモン汁が置いてあるかと思います。

このレモン汁を積極的に活用してください。

レモン汁を使用することで得られる効果
  • 消化を促す効果がある
  • ポリフェノールが含まれており、脂肪吸収を抑えてくれる

ダイエット中には非常に嬉しい効果ですね。

特に使用をオススメしたいのが脂質の多い部位を食べる時です。

脂質の多い部位以外を食べる時でも、レモン汁の効果を考えると非常にオススメです

タレはなるべく付けずに、塩で食べる

焼肉屋のタレって美味しいんですよ。

店独自で甘さや辛さ、濃さを調整していて、非常に味を楽しめますよね。

しかし、なるべくタレを使用せず、塩で食べるようにしてください。

焼肉のタレには大量の砂糖が含まれていることが多いです。

焼肉のタレ1人前で約50kcal程となってしまします。

ズブズブつけて食べているとあっという間にカロリーオーバーとなってしまいますよ。

しかし、塩も加減を間違うと塩分過多となってしまうので注意してください。

1番のオススメはレモン汁を使用することです。

焼く時はなるべく油を落とす

焼肉のカロリーが高い1番の要因は油です。

油は1gあたりのカロリーが9kcalとなっています。

焼肉屋では網焼きの場合、油を落とすことができますよね。

ここで余分な油を落とすことが、カロリーを落とすことにつながるのです。

焼肉の油は非常に美味しいのですが、その分カロリーも高め。

ここは心を鬼にして、油を落として食べることで少しでもカロリーカットに努めてください。

飲み物は黒烏龍茶がオススメ

焼肉の際、飲み物と言ったらみなさん何を想像しますか❓

焼肉を食べて、ビールで流し込む・・・最高ですよね。

しかし、それでは太りやすい食べ方となってしまいます。

ぜひ、メニューに黒烏龍茶がある場合は、黒烏龍茶を選ぶようにしてください。

もし、ない場合は普通の烏龍茶を選んでください。

黒烏龍茶の効果
  • 血中中性脂肪の上昇を抑える
  • 体に脂肪がつきづらい

油の多い焼肉と一緒に飲むと効果抜群ですね。

ダイエット中の焼肉でオススメの部位

基本的には赤身のお肉を中心に食べるようにしましょう。

赤身肉は脂身が少なめで、タンパク質が豊富です。

脂身の多い部位と比較すると約3〜4倍ほどカロリーに違いがある部位もあります。

赤身肉を選ぶことでカロリーコントロールを上手に行いながら、楽しく焼肉を食べましょう。

部位別オススメ1位:ヒレ

オススメ1位は柔らかくて脂肪が少ない「ヒレ肉」です。

脂肪が少なく、ヘルシーな赤身肉の代表であるヒレはダイエット中にピッタリ!

焼肉の定番であるカルビと比較すると、100gあたりの脂質は半分以下ですよ。

筋の発達が小さく柔らかい歯応えが特徴でもあります。

部位別オススメ2位:ランプ

オススメ2位は赤身にうっすらサシの入った「ランプ」です。

1位の「ヒレ肉」同様、赤身肉で脂質が少なく、ヘルシーな部位であると言えます。

ランプは腰からお尻にかけての大きな部分でサーロインと繋がっています。

そのため、赤身肉ではありますがうっすらサシが入っていることが特徴です。

サシというと脂身を想像しますが、ランプに入っているサシは、運動量の多いモモと繋がっているため、非常に引き締まっており、あっさりしています。

比較的ヘルシーで、且つ赤身肉ですのでオススメです。

部位別オススメ3位:なんこつ

オススメ3位はコリコリ食感が特徴の「なんこつ」です。

なんこつは100gあたりの脂質が0.4gと、焼肉のメニューの中では飛び抜けてヘルシー!

コリコリ食感が咀嚼の回数を多くしてくれるため、満腹中枢を刺激し、満腹感を得ることができます。

そのため、食べ過ぎを防止してくれる嬉しい効果もありますよ。

まとめ

ダイエット中に焼肉は食べても大丈夫です。

しかし、ハイカロリーなことに変わりはないため、食べ方を意識し、食べる部位を意識して、ダイエット中でも上手に焼肉を食べるようにしましょう!

point
  • 基礎代謝>総摂取カロリーを忘れない
  • 太りづらい食べ方を意識する
  • ヘルシーな部位を食べるようにする

ダイエット中に食べたいものたくさんあると思います。

そのうち、ハイカロリーなメニューとは上手に付き合うことで食べることができますよ!

我慢しすぎてストレスを溜めてしまったり、その結果、ドカ食いに繋がってしまう方がよくありません。

楽しくダイエットをしましょう!

以上、「ダイエット中に焼肉が食べたい!太りづらい食べ方とオススメの部位!」でした。

そいじゃ、またね!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる